金剛設備工業について

社訓

「 全員の和を結集して安全で働きやすい職場を築こう 」

一 価値ある人間性
二 価値ある存在
三 価値ある技能力

経営理念

私たちは、お客様に明るく礼儀礼節に徹したサービスを心掛け、日々技術開発に努力しながら、コスト意識に徹し能率向上に貢献するとともに、「循環型社会」の実現のために環境負荷の低減に努め、信頼される企業を目指し、地域社会に貢献することを目的としています。

社員一人ひとりが、誠心、誠意、努力して、その責任を果たすことにより、企業を発展させることで、世の中、特に地域社会に貢献していくことが使命であると考えています。

ビジョン
1.私達は、信頼される企業をめざし、地域社会に貢献することを誓います。
商品
2.私達は、時代を見つめた技術開発に、日々努力することを誓います。
顧客
3.私達は、心かようサービスで、お客様に親身に接することを誓います。
管理
4.私達は、コスト意識に徹し能率向上に貢献することを誓います。
チームワーク
5.私達は、礼儀礼節に心がけ明るさに満ちた職場をつくることを誓います。
環境
6.私達は、「循環型社会」実現のために常に環境負荷の低減に努めることを誓います。

社長挨拶

弊社は、昭和42年熊本県八代市で創業し、昭和、平成、令和と常に変化する時代の波に揉まれながら、社業の発展と経営の安定に努めてまいりました。
多くのお客様、取引先、協力業者様に支えてもらい今日まで育てていただきましたことに、心より感謝申し上げます。

時代は令和に入り、新型コロナの蔓延という世界的感染拡大が広がる中で、働き方をはじめ社会の構造も大きく変化してきました。建設業界におきましては、技術者の高齢化、人材不足と将来に向けての喫緊の課題が山積しております。私たちの関わる空調及び衛生設備工事は、毎日の暮らしの中で必要不可欠の仕事です。これらの技術者の長期的な人材育成は、みなさまの安心安全な生活をするための会社の使命だと感じております。

当社におきましては、働きやすい環境の整備や新技術の開発、またIT化等で効率化を図ることで魅力のある会社を目指し、優秀な人材の確保、人材育成に力を入れていきます。新たな建設業の在り方にもチャレンジしていきたいと思います。

会社の社訓、経営理念の実現を目指し、地域社会に貢献できるよう努力していく所存です。 皆様方には、今後とも一層のご指導・ご鞭撻を賜りますよう心よりお願い申し上げます。

代表取締役熊川裕規

代表取締役社長 熊川裕規

沿革

昭和42年11月
金剛風呂の商号にて、八代市萩原町に自営業を営む
昭和45年8月
八代市松江町473番の5に新築移転
金剛設備として商号を改める
昭和49年11月
官公庁の設備を主目的とし、資本金300万にて有限会社
金剛設備工業を設立
昭和57年12月
資本金1,000万円に増資
平成2年4月
資本金1,500万円に増資
平成7年9月
株式会社 金剛設備工業に組織変更
平成8年2月
本社社屋を熊本市画図町下江津89-4へ住所移転
同時に八代市松江町473-5に支店開設
資本金2,000万に増資
平成10年6月
本社社屋を熊本市画図町下無田1432-20へ住所移転
平成21年4月
本社社屋を八代市松江町473-5へ住所移転
現在に至る

会社概要

会社名 株式会社金剛設備工業
所在地 本社:熊本県八代市松江町473-5
アクセスはこちら
代表電話番号 0965-33-5445
FAX 0965-32-4222
創業 1967年 11月
設立 1974年 11月
資本金 2000万円
代表取締役 熊川 裕規
技術職員 1級管工事施工管理技士 7名
2級管工事施工管理技士 3名
1級土木施工管理技士 3名
2級土木施工管理技士 1名
給水装置工事主任技術者 6名
浄化槽設備士 2名
空気調和・衛生工学会設備士(空調) 1名
空気調和・衛生工学会設備士(衛生) 1名
消防設備士 甲種1類 4名
消防設備士 甲種3類 1名
建設業許可業種 管工事
 熊本県知事許可(特-2)第4718号
水道施設工事
 熊本県知事許可(特-4)第4718号

土木一式工事
電気工事
消防施設工事
 熊本県知事許可(般-2)第4718号

・八代市水道局指定工事店
・熊本市水道局指定工事店
・宇城市水道局指定工事店
・排水設備指定工事店(熊本県内各市町村)
表彰・受賞 平成18年8月
 こども総合療育センター外来棟衛生設備工事
 第一回熊本県優良工事(施工管理部門)受賞
令和元年12月
 芦北総合庁舎空調設備改修工事
 熊本県土木部建築住宅局優良工事(機械設備工事部門)受賞